怪しいであいけいサイトの注意点

「タダで使い放題:無料であいけいサイト」は1,000件超の件数がある。
その全部が優良サイトであれば良いが、であいけいサイトの90パーセントは悪徳業者や悪質会社が運営するであいけいサイトだと言われている。
なんでもかんでもが偽物がはびこる世知辛い世の中になっている。
登録段階で注意することはとても大事だと思う。
宣伝広告メールを送りまくるような業者サイトは登録してはいけない。
「完全無料」なであいけいサイトと謳っていても、利用規約の料金欄を見たら料金の案内があったり、料金の精算方法の説明があったりする場合がある。
それは誇大広告サイトなので利用しないようにしよう。
また「同時登録」という文言があれば、「有料」であいけいサイトにあなたのデータはコピーされて登録されてしまいうっかり利用してしまうと課金対象になるので警戒しよう。
「同時登録」の表現があるサイトは利用しない方が正解だ。
問題はこういった怪しいサイトが一目で見破れないことだ。
サイトが信頼できるかどうかは、会社名が××運営事務局という風に曖昧なことなっていないかとか、電話番号があるか、所在地は明記されているか、地図検索で実在しているかどうかもチェックすると良いだろう。
代表者の名前や問合せのメルアドの表示はあるか、顧客サービスはどうなっているかなど、1点の曇りもあるようならば、そのサイトはアウトだ。
そして利用規約に良くある小さいフォントで視認性を悪くしている表現だ。
生命保険の約款ではこれが大問題になった。
であいけいサイトでも同じことだが、大切なことは視認性を悪くすることは、普通のサイトではしない。
ワザと見づらくするようにWebデザイナーに指示しているのだろう。

写真で選ぶであいけいサイト無料

「完全無料」なであいけいサイトに登録すると、年齢認証され本人確認が完了すれば会員IDとパスワードが配布される。
そうすればサイトにアクセスをして自由にサイトを閲覧できることになる。
プロフィルにはデータサイズに制限があるが写真をアップロードもできる。
この写真について気になることがあるだろう。
わいせつなものでない限りサイト側は関知しないだろう。
本物か偽物かは分からないのが実情だ。
けれども嘘の写真を使ってはいけない――こんな利用規約は作れない。
だから写真をアップロードする場合、極端に言えば他人の写真を利用できる。
そこまでしなくても身分証明写真ではないので6カ月以内に撮影したものという条件もつけられない。
10年前の写真を公開されても問題はないだろう。
また顔写真じゃなくて全身写真の場合もある。
綺麗でリッチな服装をしていても貸衣装かもしれない。
まあ、このあたりまでは嘘とも言えない部分だろう。
けれとも他人の写真を使うのは問題がある。
「完全無料」なであいけいサイトでもサクラやネカマがいる。
悪戯目的で写真を使う人も少なくない。
どこかで見たような写真を見かけたりするだろう。
写真についてはプロフィルと照合して判断をしよう。